↑↑↑  作品は断りのない限り水彩画です。 近年はCG(2D)がメインです。

 イラスト制作 承ります 

toppage3* 更新は月一回ていどを目標にしております。

ギャラリー[昆虫]>[甲虫–クワガタムシ ]に「ノコギリクワガタの体」を追加いたしました。

蒸し暑い日が多くなってきましたね。

五月も後半となれば、家でじっとしていても周りにせかされて忙しくなってきます。

— — — — — — — — — — — — —

1:ムクドリ

仕事机の、壁一枚隔てた雨戸の巣を、衛生上の理由から封鎖したのは、5年前の出来事でした。

今度は隣の部屋の雨戸。またも自然遺産に認定いただけて嬉しいのだけれど、ここはまずい。

布団干しの手すりだし、直下が物干し場。よってモリカケ案件は工作の有無にかかわらず却下。

(5月上旬、東京都西東京市宅。以下同)

— — — — — — — — — — — — —

2:同上

戸袋の内部。粗い巣材が奥まで敷き詰められています。

未来のヒナたちの運動場には打って付け。・・・なれど、産卵前なのを見届けて、出入口を封印です。

— — — — — — — — — — — — —

3:こちらはシジュウカラの親子

ヒナたちがパラパラと降ってきて、ウメの枝や電線に止まって、えさをもらっています。

一口で呑み込めず、もぐ、もぐ、味わっているようでした。

去年は入梅前日のお目見えでしたが、今年は3週間も早いです。

(5月中旬)

— — — — — — — — — — — — —

4:オオカマキリ

クリーム色のボロが引っかかっているのかと思いました。

じつは、ナンテンの幹にしばりつけておいた卵のうが、孵化の真っ最中だったのでした!

廃巣かもと半信半疑だっただけに、また孵化って何月何日の何時ごろに執り行われるのか、

自己データを持っていなかった分、目の当たりにできて、感激でした。

“気持ち悪~い 家に入れないでね”と家人。

たしかに、ゾロゾロとほどけるシーンは気味の良いものではないかもしれません。

踊り食いとか、ふりかけでイケるかとも。

(5月中旬)

— — — — — — — — — — — — —

5:カブトムシの終令幼虫

昨夏、我が家に飛び込んできたメスの子供たちです!

知らぬ間に13匹の幼虫が育っていました。

この写真は年末の終令幼虫で、まだ小ぶりですが、

入梅前の現在は、成熟して、ときおり大きな音が聞こえます。

蛹になる準備なのでしょう。

(昨年12月中旬)


ギャラリー[他の動物]>[対決]に「アロサウルス vs.ティラノサウルス」を追加いたしました。

また70日が過ぎました。ほったらかしの写真だけど、掲載をちょい増量ぎみに。

3月下旬。8:30 自宅発。山田うどんの開店待ち。免許証取りに帰宅。

10:05 外環道(東京外環自動車道)入口で料金¥750(う、しまった)

5分ほどでインターを出る・・・にゃんと高っ \(◎o◎)/!

— — — — — — — — — — — — —

sakitamaoohasi

1:

12:25 堂々巡りの挙句にようやくたどり着いたのは(なんか毎度こんな感じ)、

前回と同じ彩湖、ただし対岸にあたります。

柳の奥に \(◎o◎)/!かった外環道を載せた幸魂(さきたま)大橋が涼んでいます。

(3月下旬、埼玉県戸田市。以下同)

— — — — — — — — — — — — —

saiko_nangan

2:

彼方からは、藪かぬかるみで人が入れるのかといぶかられたこの南岸。

きれいに整備され、舗道はまるでジョグやサイクリングの聖地のよう。

次週には自転車とマラソン大会も予定されているという一方で、

救急車のサイレンに追い越されたのに驚きました。

白黒の車も到着して・・・快適なだけに接触には気をつけましょう。

— — — — — — — — — — — — —

kitateha_201803

3: キタテハ

越冬明けですが、翅(はね)はあまり傷んでいません。

止まっている間は翅の開閉を繰り返しているので、余分にシャッターを切っています。

— — — — — — — — — — — — —

monkityou_201803

4: モンキチョウ

尾つながりのペアが飛んでいました。

オスは黄色ですが、メスには黄と白の2タイプがあります。

したがって、この写真で(葉陰で分かりにくいですが)下がメスになります。

— — — — — — — — — — — — —

hasibutogarasu_201803

5: ハシブトガラス

「桜にカラスで何か?」

— — — — — — — — — — — — —

nihonkanahebi_201803

6: ニホンカナヘビ

「ン? 柳に爬虫類で何か」

— — — — — — — — — — — — —

ooban_201803

7: オオバン

群れが索餌(さくじ)のため岸に上がってきます。人が近づくと一斉に水に逃げ込み、

奥でハシビロコウのように固まってるダイサギも飛び去りますが、

人が去れば、どちらも元の場所に戻ってきます。

— — — — — — — — — — — — —

8:帰路に一般道を利用したのは言うまでもありません。


ギャラリー[昆虫]>[昆虫全般]に「昆虫のかくれんぼ」を、それと[哺乳類]>[イヌ]に「シバイヌ 2014」を追加いたしました。

(更新を四か月もサボったことには一言も触れず)

新年は、気にかかっていた彩湖(埼玉県)に行ってみました。東京五輪・ボート競技の誘致前にぜひとも見納めておきたかったのです。

——————————————————————————

kanmurikaituburi_201801

1: カンムリカイツブリ

湖の北岸沿いにはオオバンの小群が三々五々。タヒバリも人怖じせず岸を徘徊していました。

湖の奥の方にお目当てのカンムリカイツブリらしき小群。

「その双眼鏡(←8倍)、サカサじゃない?」と噴飯こらえて家人に言うと、“どーもよく見えないと思った”と、、、

地元に近い知人から“彩湖は狭山湖より狭いから、鳥がすぐそこに見えるよ”と聞いていたのに、

私が首にぶら下げている8×20倍ズームでもイマイチ遠く、

対岸のカモ群などは逆光も手伝って、種類すら知れません。

知人いわく“野鳥の会ではコースがちがうの”と、、、ナルホドそーだったのか!

(1月初旬、埼玉県戸田市。以下同)

——————————————————————————

yurikamome_201801

2: ユリカモメ

むしろ都心ではハトやカラスくらいに何でもない鳥かもしれませんが、

東京湾や河口・下流にほとんど縁のない私には、まぶしいテーマです。

餌やりについては、また別問題。

——————————————————————————

tageri_201801

3: タゲリ

水辺から離れ、駐車場に戻る途中の運動場に、思わぬ役者が!

気がせいて寄っていったので、二羽ともどんどん遠ざかってゆきました。

地中から大きなミミズを引っ張り出していたのが、この鳥だったか、それともチドリ類だったのか

メモしてなかったけど、それでも、めっけものでした。

——————————————————————————

今夜、検索してみたところ、

[彩湖に東京五輪・ボート競技の誘致]の案件は、2016年秋に消滅したようなのです。

またもゆかし彩湖

——————————————————————————

◆追伸です!

昨年6月~11月の受信メールがなくなってしまいました。

サーバー系列社からの広告メールを「配信解除」にしたら、消失しました。

連絡できなくなった皆様、たいへん申し訳ございません。

また回復させましょう!


ギャラリー[他の動物]>「対決 」に、「ロイヤルアホウドリ(シロアホウドリ )vs. プテラノドン」を追加いたしました。

海も山もなかったひと夏。それでも人並みに汗を流し、

ひと月前後で5-6kg減量して身軽になりました。

日が落ちて黒雲から吹く冷風に、もう9月でなく10月なんだと、

安堵と不安が交錯します。

これからの快適な気候と、リバウンドへの。

——————————————————————————

aobahagoromo_2017

1: アオバハゴロモ

今夏は例年になく庭で多く見られます。この写真の枝にも9頭が縦列していました。

(2頭ぶんだけトリミングしたので、画像が粗いです)

1cmほどの、ヨコバイの親戚で、広葉樹を吸汁するため害虫ともされますね。

けれども、学名にも“Geisha(芸者)”とあるように、艶美が屋内のそこかしこにも舞うさまは、

うーん、1cmのオモチャかな?とても憎めません。

(8月中旬、東京都西東京市。以下同)

——————————————————————————

karasuageha-201708

2: カラスアゲハ

居間に紛れ込んできました。

メスで、羽全体の色彩がぼんやりと地味で、一部破れていましたが、

カラスアゲハ自体が、自宅ではとても珍しいことです。幼虫も見かけないですし。

(8月下旬)

——————————————————————————

ruritateha_syuurei_2017

3: ルリタテハ

あの美麗蝶の姿とは程遠い、グロテスク全開の終令幼虫。

ホトトギスの葉を食い登り、てっぺんで思案顔のようす。

結局花も食べてしまいました。

翌日には全員の姿が見当たりません。どこか離れた場所で蛹になるのかな?

(9月中旬)


ギャラリー[他の動物]>「対決 」に、「 シロナガスクジラ vs. アルゼンチノサウルス」を追加いたしました。

困った夏ですね。

連日うだるようなカラ梅雨が、明けたらこの冷夏。

「都心で8月1日から16日連続の雨」「仙台市で26日間連続の雨」

海水浴や高原避暑ももちろん、とても昆虫採集どころではありません。

どこにも出かけないまま、夏風邪につかまってしまいました (@_@;)

——————————————————————————

ari_sattyuuzai

1: アリ殺虫剤

ホームセンターに入ると、いきなりコレで噴出してしまいました。

しかし、人騒がせなヒアリ(火蟻)も現実に九州で被害者を出してしまったし、

早くも昨日(8月17日)の報道で、お隣の「埼玉県狭山市にヒアリ(女王アリの死骸)」と!

私自身アナフラキー予備軍のため、他人事ではなくなりました。

(7月下旬、東京都東久留米市)

——————————————————————————

neo_kikenseibutu

2: ~さりげなくCM~

NEO 危険生物」(2017年6月28日発行、小学館)A4変型判。本体2,000円+税

ヒアリ、ヒトスジジマカ、ネッタイシマカ、マダニ、他ほんとはコワい生き物まんべんなく (^_^;。

——————————————————————————

kabutomusi_mesu_2017073: 茶の間の灯りに飛び込んできたカブトムシのメス。

東京暮らしでは・・・・うンにゃ生を受けて60余年、初めての出来事じゃの。

カブトやクワガタは樹液を吸うもの。それが彼女ときたら食べるがごとくにゼリーを毎日平らげます。

倒木の皮をはがし、重機になりきり地表も地中も掘っくり返しては、すみかを改造し続けています。

(正直、混ぜ返してるだけにも見えますが)

上の写真は特大ゼリーに替えたところ。まるで独り湯。

それでも3日でカラになるのは、どこかに貯め込んでいるのか、はたまた土にすき込んでいるのかなど、

思案してしまいます。

(7月中・下旬、西東京市宅)

——————————————————————————

 kuwagata_sp_mesu_201708

4: この夏ただ一度外出しました。

高速道パーキングエリアの外、急斜面に立つ樹にクワガタの一種(メス)が止まっていました。

この足場からあと少しだけ手が届きません。肩掛けカバンに携帯捕虫網・・・・は入っていません。

所用で来てるので。ワラくずでこそげ落とそうにも、踏ん張られ、乗り越えられ、

ついに幹の崖側に回り込み、登って行かれてしまいました。

写真が撮れただけでもよしとはいえ、ミヤマノコギリ・・・モノがないでは結論が出ません。

反省点=セミ・プロ意識をもって携帯捕虫網を忍ばせていくべきだったこと。

(フィルムケースと三角紙は持っていたあたりがアマチュア・レベル)

(8月中旬、神奈川県・相模湖付近)

——————————————————————————

tyuuoudou_zyuutai

5: 山梨県内で墓参を済ませると、待ってましたとばかり、どしゃ降りに。

帰りの中央自動車道もまた予測通り35kmの渋滞に。

みんなガマン強いですねー。

(同上)


ギャラリー[昆虫全般]に、「昆虫の巣」を追加。また[ガ]に「スズメガ 4種」を追加いたしました。

暑さも本格。

7月3日、西東京市では光化学スモッグ注意報が発令され、35℃も超えてきました。

常々思うに、小欄は月一度(あるいは大幅にそれ以上)の更新のため、

最初の記事がすでに季節にあわないのが弱みです。

寡作と筆不精に尽きるのですがご容赦を。

*掲載写真を一回り(気付かないくらい)大きくしてみました。

——————————————————————————

sizyuukara_201706

1: 「関東梅雨入り」の前日。

使われなくなった自転車にとまって「チーチチ!」と餌をねだるシジュウカラのひな2羽。

ドクダミの間にいる黒頭が親のようで、何か白っぽいものをくわえています。

(6月上旬、東京都西東京市。以下同)

——————————————————————————ebigarasuzume_201706_kuti2: 洗濯物に止まっていたエビガラスズメを、うれしい初採集です。

腹部の模様が寿司ネタのシャコに似ているかな?

とにかく口の長さで知られるガなので、ぜんまい様に巻いた口を伸ばしてみました。

ご覧のとおり、体長の2倍あります。

小ギャラリー「アゲハチョウ ナビ」のラストシーンに、吸蜜のようすが描かれております。

(6月中旬。)

——————————————————————————

harabirokamakiri_201706

3: 玄関先のあちこちに産みちらかされ、冬越ししたハラビロカマキリの卵のう。

ノウゼンカズラのつるの卵から、赤ちゃんが誕生しました。

葉や壁に30頭ほどが集まったり、散らばったりしていました。

この子たちには、いっぱい害虫を捕ってほしいところですが、

周りにはクモ、オオカマキリの幼虫(体長2倍)、トウキョウヒメハンミョウ成虫など強敵?も。

(〃)

——————————————————————————

sakuranbo_201706

4: サクランボ佐藤錦が届きました。

家人が独身時代に制作し、今年になって実家から持ち帰った丼?に盛ってみました。

これでまだ半分。すでに食べごろなので休みなく食べ通さなくてはなりません。

だいぶ以前に、アカスジキンカメムシに与えたところ、たいへん好評でした。

しかし、今いる2頭のオオクワガタ君たちにあげるかどうかは、悩ましい。

昆虫ゼリーに見向きもしなくなって困るのは飼い主だから。

・・・・結局ぜんぶいただきました。げっぷ

(6月下旬。)

——————————————————————————

kaituburi_oyako_2017075: 運転免許の更新に、所轄署へ自転車で20-30分。

長かった5年ぶりのゴールド免許を手に、早くもシトシトの雨。

傘さし運転でキップ切られるのは御免だから、傘さして公園を歩きました。

噂に聞くウチワヤンマを、おかげで初撮影できました(←手ブレのため不掲載)。

そして、上の写真はカイツブリの親子です。ヒナの紋様の独特さ、ね。

ほかの1羽のヒナがピーピーすり寄ってくると、この親鳥は威嚇し、

うなじを火箸のようにつついて追い払ったのでした。

(7月上旬、東京都練馬区)


ギャラリー[昆虫全般]に、「昆虫の食べ物」を追加いたしました。

新年から毎週締め切り状態が続いていましたが、このほどやっとこさ、終わりました (^_^;)

こちらのブランクも四か月と、すっかりご無沙汰してしまいました m(__)m

——————————————————————————

naguriko_2017

1: 新緑の空気を吸いに名栗湖にやってきました。

珍しく早く家を出たのに、車でオロチョロしてしまったので、もう11時過ぎです。

40年前の初訪以来、ちょくちょく息抜きに来ていた場所です。

画面、左奥の沢沿いをのぼって、そのまま下りてくるだけで、午後の過ごし方は未定です。

(5月中旬、埼玉県飯能市。以下同)

——————————————————————————

daini_gorge

2: のぼり始めてほどなく『滑落事故発生』の立札。去年の今月とのこと。

そう、20年前は『尋ね人、天文学者行方不明』の掲示があったことも、ふと。

谷筋を遡るうちに、なんだか見たことのない景観に変わってきました。

捕虫網をしまい、カメラを背中に回して、汗をふきふき登りました。

(写真は「第二ゴルジュ」地点のようです)

鎖場では筋力以上の体重をうらみつつも、ここで死んだふりしたら日が暮れるし、

さりとて振り向けば足がすくみ、戻るなんてもう m(__)m いや orz か

——————————————————————————

misosazai

3: さきほどから暗い谷間をちょん、ちょん移動しながら、

「ビリリリ・・・・ヒョイヒョイピリチュリ」と、警笛のようによく通る声と姿。

こげ茶色で卵形、日本で最も小さい鳥のひとつ、ミソサザイです。思いがけない出会いに感激です。

その彼(←たぶん)が今まさに目前の苔石に止まり、尾を立て、人怖じせず鳴き続けています。

カメラ、悲しからずやピントが合わず。アップで撮ったものは、すごい手ブレ・・・・鳥は飛び去りぬ。

動画のほうがよかったかもなーと顔をあげると、遠くロープづたいに崖を下りていた女性が

沢水のところで、私の撮影が終わるのを待っていてくれたのでした。

チャンスは一度、「ぼくはもう戻る体力ないです。ここを上がったら尾根を下るコースはありますか?」

すると、「えーホントですか」と。(これくらいの足場は若い人にはへっちゃらなんだ)

尾根道ありと。助かった。

——————————————————————————

hiiragisou

4: ここらラショウモンカズラが散生してるけど、この花房のかたまったのは何でしょう。

帰宅後に調べたら、ヒイラギソウのようでした。たしかに花より葉からの方が名づけやすいかも。

分布がちょっと局所的らしいのです。

黄門様のようなご老人が下りてくる。てか、もう13時半だからみんな下りてくるのでーす。

いわく、「ここは(整備されてるから)いいですよ。一気に上がれば林道に出ます」

林道わきのベンチで水を飲んでいると、またも下りてくる青年と声かけ。

「上(山頂)に行かないんですか?」と駆け下りていきました。

——————————————————————————

yagura5: 尾根に上がると曇り気味。さらに歩くこと1時間あまり、初めて(かなり人為的に)視界が開けました。

ベンチと地図(初めて)があり、登山口の名栗湖も見下ろせます。

14:50、腹ごしらえ。朽ちた柵をはうニジゴミムシダマシを目で追いつつ、

それにしてもコンビニおにぎりがポロポロでまずい。

それで、柵の向こうのヤグラ。立入禁止で、『○○滑空班』とあります。

ムササビ・モモンガとなると、パラ・ハンググライダーの離陸台なのかな?うへ、この高度はご勘弁。

——————————————————————————

nehari

6: あとは下山のみ。暗い植林の道といえない根張り道を、枝をつかみ根をかき分けバタバタと落ちてゆきます。

振りむき仰ぐと爪を立てた鬼どもが押し寄せてくる異様さです。

ひたすら、ただひたすら、延々と、もとの駐車場とは別の登山口まで。

人を見ず、クロヒカゲ(蝶)1頭のみ。


ギャラリー[他の動物]>「対決 」に、「 オオツノヒツジ vs. 石頭恐竜」を追加いたしました。

タバコをやめて二年余となる昨年末、居間の壁拭きを決行しました。

半間ばかりの予定が、がぜん張り合いが出てきて、一部屋やってしまいました (^_^)

さて、本年ここにきて一気に厳寒期に突入。

どうか皆様、よい一年になりますように。

——————————————————————————

atori_2017jan

元旦。神社の参道が長蛇の列のため、初詣を断念、界隈の寺に回る。

ロウバイの横を歩んで裏のドブ道にかかると、10数羽の小鳥が飛び立ち、

裸枝に移りました。この時やっとアトリというものに出会えました。

漢字で「花鶏」だけど、集まる鳥=“集鳥”が語源とか。

(1月1日、東京都西東京市。)

——————————————————————————

matumotoakiraten_tyou

松本章 昆虫標本デザイン展

絵本「どうしてそんな顔?」で、スゴ腕で絵を引き立たせていただいたゼフ・デザイン=松本嘉子さん。

この日はご主人のグラフィックデザイナー、松本章さんの初個展を、

日本橋のギャラリー砂翁で鑑賞させていただきました。

一般的な磔(はりつけ)標本と異なり、生態を復元しています。

matumotoakiraten_hati

こちら↑ は、オオスズメバチ。自由気ままに遊んでいます。昆虫針は見当たりません。

生時のポーズだけでなく、鱗粉転写で姿をとどめる。寄生を受けたもの、羽化不全で果てたものなど・・・・

高い製作技術に裏打ちされ、生死や喜怒哀楽に訴えてくる表現世界なのだと感じました。

独自領域の発展がたのしみですね。

*****

私は開催最終日に訪れたため、事後報告となってしまいましたが、あとはネット検索で。

(1月中旬、東京日本橋。)


ギャラリー[他の動物]>「対決 」に、「シャチ vs.ホホジロザメ」を追加。それと、[哺乳類]>「サル 」に、「チンパンジー ~道具使用~2」を追加いたしました。

10月はどうにも晴れ間が少なくて、行楽のプランも立ちませんでした。

皆様は、いかがでした?

——————————————————————————

akiakane-2016oct

1:5日ぶりの晴れ。アスファルトのわずかな水たまりに、産卵するアキアカネ

この水たまりは、午後には干上がり、完全に消失してしまいました。

(10月中旬、東京都西東京市。)

——————————————————————————

niiza_kasai

2:同日・同上地点から。

タイヤが焦げているかのような黒煙。現場が遠いのか、サイレンも聞こえません。翌朝刊に

東京 大規模停電

の見出しが躍りました。埼玉県新座市の送電線火災とのことでした。

(看板など、一部加工しています。)

(10月中旬、東京都西東京市。)

——————————————————————————

uranamisizimi_2016oct

3:おもいっきり曇りの寒い朝だったけれど、雨ではないので出かけました。

この日目撃したチョウは、このウラナミシジミ1頭のみ。

ほうけたノハラアザミに乗っていて、つまんでみると生きていました。

(10月下旬、埼玉県飯能市。)

——————————————————————————

kutinagagaganbo_2016oct

4:(つづき)毎年のように訪れている土地なのに、下山の方角を間違えてしまいました。

数年前にも、遠巻きに延々と車道を歩いて駐車場にもどった苦い経験があります。

ノハラアザミの蜜を一心に吸うクチナガガガンボたち。心細いとき目にする気がします。

今回はすぐにバス停が見つかったものの、時刻表が見当たりません。

住民たちも乗ったことがないといい、それもそのはず、始発一本のみとのこと。

「クマは出ないと思うけど、気を付けて。」と背中を押され?薄暗い山へ引き返しました。

低山とはいえ、二度登頂したのも珍しいかな?

(10月下旬、埼玉県日高市。)


ギャラリー[他の動物]>「対決 」に、「ダチョウ vs. ダチョウ恐竜」を追加いたしました。


新発売!

昨秋から手がけていた4巻本が、この9月ガンバって発売となりました。

taiketu_vol_1-4_1024px

写真メインで絵は少な目だけど、

愉快に、鋭く、詳しく、ガツン!と。

そんなのアリ?ってマサカな対決56番勝負は見逃せないぞ。

すこーし値は張りますが⇒こちら

図書館にリクエストすれば買ってくれるかも(西東京市の場合 (^_^;)

ぜひご一覧を。

——————————————————————————

じっと、カゴの鳥だったので、自宅での記録です ↓

——————————————————————————

koutisuzume_201608

1:コウチスズメ

玄関のドアに静止していました。

ドッキリというか見事な姿態ですが、前羽長が2.5cmと小型種です。

後ろ羽に紅をさし、目玉模様があります。

(8月上旬、東京都西東京市宅。以下同)

——————————————————————————

himesuzumebati_2016082:ヒメスズメバチ

階段の踊り場で、外に出たいと、ヴヴ、ヴヴはばたいていました。

ここらでは、たいがい、コガタスズメバチかオオスズメバチが普通なのに、

このハチはその中間サイズでした。

いま写真判定でヒメスズメバチらしいとして、

このハチが屋内に出入りすることには、のほほんできない危機感も?。

(8月下旬、東京都西東京市宅。)

——————————————————————————

kityou_koubi_201609

3:キチョウ

ちっちゃなハギに、今年はたくさんのキチョウが取り付き、飛び回り、黄が映えます。

きのうは1株に3ペアを確認できました。

どれも抜け殻のそばで、つながっていました。

先に羽化した♂と、遅く羽化した♀とが、あわれにも結ばれてご満足うらやむべし。

(9月末、東京都西東京市宅。)