↑↑↑ ギャラリーには上のタブからお入りください toppage3 イラスト制作 承ります 

 作品は断りのない限り水彩画です。 近年はCG(2D)がメインです。

* 更新は月一回ていどを目標にしております。


「絶滅野生動物事典」角川書店から文庫だ!

公式サイト➡ https://www.kadokawa.co.jp/product/321905000152/

◆ご存知『残念な・・・』シリーズで、今やどうにもとまらない

国民的人気の今泉忠明先生。

まるごと挿画を描かせていただいた旧著が、装い新たに文庫化デビューしました。

◆もとは、1995年に東京堂出版さんより「絶滅野生動物事典」(注:一字違い)と題して出版されたものです。

発行以降、数次の増刷を重ねてきた渾身の名著が、お色直ししての再デビュー。

判型が1/2となる文庫化で、総分量が大幅にカットか…と思いきや、まるごと512ページと圧巻です!

ついでに、挿画もでかでかと全56点、ハズキルーペも不要です!

絶滅野生動物事典
著者 今泉 忠明
定価: 1,496円(本体1,360円+税)
発売日:2020年02月21日

********************************

公式サイト➡ https://bunko-cp2020.kadobun.jp/

◆今週は「カドブン」(角川文庫)のCMの集中砲火。

俳優の佐藤浩市さんの「よんでから・みてから」

どっち!で、お迷いですか?

新型コロナで外出がためらわれる、この早春ばかりは、「よんでから」にしませんか?

紙でも電子でも何だろうと、マスクがけで文庫を「よもうじゃないか」。


ギャラリーに「トンボ 13種 -まどあけずかん-」を追加しました。

1:ギャラリー[昆虫]>[トンボ ]>「トンボ 13種 -まどあけずかん-」に展示。

◆仕掛け絵本で窓は11カ所、開けると違った絵が現れます。ネタバレになるのでここでは明かせません

(画面のどこをクリックしても何も出ません)。

ぜひ本を手に取って遊んでいただけたらと思います。

◆☝『むし』 (小学館の図鑑NEO まどあけずかん 英語つき 4)

好評発売中!!

— — — — — — — — — — — — —

2:アブラゼミの羽化

恒例、秋の市内での平和展は、夏休みも取れずネタに窮していたため、スルーもやむを得ずと考えていました。

なのに申し込み期日が迫ると、なんだか・・・・。

それで、小サイトで以前アップした1コマのその後を、連続的にまとめ出品しました。

近年、庭でアブラゼミの羽化殻を散見するようになり、ついにナマの羽化シーンを見守るまでに。

窓辺で酒とカメラ両手に、詩歌に魅せられ。

(出品12月初旬、東京都西東京市)

— — — — — — — — — — — — —

3:ン なに?

錆びた鉄路ならぬ自転車(←乗っているけど使っていない)の荷台に、

なにかいる?

クダマキモドキ(樹上性のキリギリスの一種)が、「つ」の字に腹を曲げ、枝に産卵してるのか?

いえ、ハラビロカマキリのメスが、ぐったり背側に折れ曲がって、宙吊りなのです。

が、私がワサワサするので、少しずつ正気を取り戻して、ついに体位を水平にまで回復してみせました。そのまま仕舞いにするのかと案じられました。

翌朝、私は姿を探しました。

(12月初旬、東京都西東京市宅)


「まどあけずかん むし」新発売!

11月27日、発売!

『むし』 (小学館の図鑑NEO まどあけずかん 英語つき 4)

監修/丸山宗利

 作/じゅえき太郎  作/北村直子  作/いしもりよしひこ  作/今井桂三

定価本体1700円+税 発売日2019/11/27 判型/頁AB判/32頁

(↑ 表紙は、じゅえき太郎さん、ほか)

小学館さんの公式サイトはこちら

— — — — — — — — — — — — —

私は3面だけ担当させていただきました。

<スズメバチ><トンボ><じめんの むし>の項目。

3面6ページながら、しかけ仕立てのため、実質9ページ相当のボリューム感で、けっこう汗かきました。

ほかの皆様は手描きと伺っていますが、

私の場合は昆虫が手描きで、背景と全体構成がCGという手法です。

— — — — — — — — — — — — —

↓ 絵本の作りはこんな感じです

 ↑ CM動画30秒のうち、<スズメバチ><じめんの むし>のシーンが、

なんと5秒に凝縮!


ギャラリーに 教科書所載「昆虫のすみか_校庭」を追加しました。

1:令和2年度以降用 小学校理科教科書「わくわく理科」 検定済見本本が届きました。

初めてのご依頼でしたが、とても懇切丁寧にご対応いただきました!

新興出版社啓林館さんのサイトは、こちら

「わくわく理科3」所載、「昆虫のすみか_校庭

→ギャラリー[昆虫]>[昆虫全般 ]

— — — — — — — — — — — — —

2:読売KODOMO新聞」2019年10月17日号

載せていただいた鳥のカット3点のうち、キーウィのイラスト。

17年前の作品で、CGと水彩併用で制作していました。

当時の作画ソフトはもう使用しておらず、ファイルを開くこともできません。

いっぽう、プリントされた画稿をいま眺めても、どこが手描きだったのか、自分にもわかりません。

奇妙な感じがします。

— — — — — — — — — — — — —

3:コガタスズメバチ

毎秋、サザンカの開花を待って足しげく通ってきます。

この時期にはオスも多く見られます。

(10月下旬、東京都西東京市宅。以下同)

— — — — — — — — — — — — —

4:アカタテハ

上記から一週間後、二階の窓から俯瞰(ふかん)。

可憐なヒメアカタテハに比べて、決して多くはない訪問者です。

とても気の強いチョウですが、この日はコガタスズメバチに追い払われていました。

この蜜場では先輩のハチのほうが一枚上手のようです。

— — — — — — — — — — — — —

5:ムラサキツバメ

気持ち大きめで渋く紺に光る、樹冠にまとわりヒョイと花に跳び移るのは、

だれ?PCで確認したのがこの写真。

西日本から東進(目撃例)しているシジミチョウの一種で、

この市内でもマテバシイという常緑樹のまわりで見られます。

我が家では初お目見えで、採集もしていません。

-うれしいな-

— — — — — — — — — — — — —

6:ところで、このホームページのソフト

何とか 元のように使えるように なりそう、かも。


ギャラリーに 「シマウマ ~走り~」を追加しました

1:ギャラリー[哺乳類]>[ウマ ]>「シマウマ ~走り~」

— — — — — — — — — — — — —

2:アブラゼミの羽化

夜風にゆられて。

(8月中旬、東京都西東京市宅)

— — — — — — — — — — — — —

3:アオマツムシ

ひと昔前、夜の街はあんなにも合唱でにぎわっていましたが。

只今お昼、のんびりとヒゲの手入れ中。

(9月下旬、埼玉県入間市)


ギャラリーに「ホモ・サピエンス」を追加しました。

NHK

ギャラリーに「チーター ~走り~」を追加しました。

四か月ぶりの投稿になりますが、いまだにこのソフト使えません。

ギャラリーに、「パンダ」と「ジャイアントバイソン」を追加いたしました。

1:ジャイアントパンダ

  (2018 CG)ギャラリー[哺乳類]>[イヌ・ネコ・クマ ]>[クマ・パンダ ]

→NHK「チコちゃんに叱られる!」p.45に転載。

— — — — — — — — — — — — —

2:ジャイアントバイソン

  (2016 CG)ギャラリー[他の動物]>[進化・古生物 ]

→NHK「チコちゃんに叱られる!」p.67に転載。

— — — — — — — — — — — — —

3:クロスジギンヤンマ

縄張りをパトロール中のオスを目で追っていると、侵入者を捕捉したと見るや、そのまま足元の草むらになだれ込んできました。

草の間でオスが他の一頭を鷲づかみにしている。共食い!ガサガサ、ブブブブと羽や草のこすれあう音。

どうしていいのか混乱してしまう。すると二頭はなんとハート形の連結姿勢となって林のほうに飛んで行きました。

あっという間のカップル誕生の瞬間でした。

(5月上旬、埼玉県飯能市)

— — — — — — — — — — — — —

4:ハラビロトンボ

すーいっと草に止まった・・・のだが、足場がしっくり来ないのか、ぎこちなくモゾモゾしている。

あー、案の定、捕まっていました。敵はヤミイロカニグモのメスでしょうか、

体はテントウムシほどで断然小さいのに、ガリバーのような(笑)私にさえ物怖じしません。

毒が回ったのか、もうトンボは動かなくなりました。

よく見れば左目に大きな損傷があります。これが原因で敵の存在を見落としたのかも知れません。

(同上)

— — — — — — — — — — — — —

5:旧ホームページのYahoo!ジオシティーズ

(かれこれ10年くらいお世話になったと思います)が

本年2019年3月をもってサービスを終了。

に伴い、サクッと他サイトのサービスへ移行できたらよかったのですが、やめました。

— — — — — — — — — — — — —

6:WordPress

当ブログの作成ソフトWordPressが、バージョンアップに伴い、仕様が一変。

春の宵に盃を傾け鉛筆なめなめ、なんて風情ではいられなくなりました。

月末の今朝はシラフにて、上旬の記事をやっとアップできそうです。

ギャラリーに、「背比べ ~危険生物~ サメなどのなかま」を追加いたしました。

1:窓から見下ろすウメに、メジロのペアが

「真室川音頭(まむろがわおんど)」よろしく、♪ “つぼみのうちから通うて”来ています。

布団を干し始めるとピッと飛び立つけれど、甘い花蜜恋しさに、いつの間にか戻っています。

今日あたりは花もほぼ終わり、シジュウカラが花がらを散らしているのみ。

(動画からトリミングしています)

(3月上旬、東京都西東京市宅)

— — — — — — — — — — — — —

2:マクドナルド

今回ギャラリーにアップした作品です。

ギャラリー[他の動物]>[魚類]

マクドナルドさんのハッピーセット、ミニ図鑑「危険生物」にちっちゃく掲載。

クイズ形式の図版なので、先走らず公開の時期をうかがっていたのですが、

「あれはもう終わった」のだそうです。ま、ちっちゃいしね。

— — — — — — — — — — — — —

3:「チコちゃんに叱られる」

NHK「チコちゃんに叱られる!」制作班[編]

2019年3月24日 小学館 2冊 各本体1100円+税

画像右の小さいほうの本(一般向け?)に近作2点+αを使っていただきました。

「パンダ」と「ジャイアントバイソン」の2点ですが、

個人的に、夏に向かってスケジュールがきつく、

画像のアップは、暇をかすめてとなりそうです。

— — — — — — — — — — — — —

花粉の悩み、あとひと月の辛抱とか。あなたも あなたも。