甲虫–カブトムシ

sekaino_kabuto

世界のカブトムシ (2001)

Rhinoceros beetles of the world

画面、左から。交尾中のノコギリタテヅノカブト。メスは無心に竹を食べています(中米)。

樹液をめざし、ダイナミックに飛ぶ昆虫王、ヘラクレスオオカブト(北・南米)。

竹で満腹、飛び立つゴホンヅノカブト(東南アジア)。

樹上では餌場をめぐって大ゲンカ!重量級のゾウカブト(中米)と力自慢のコー カサスオオカブト(東南アジア)。

片隅で樹液を吸っているのは、ヘラクレスオオカブトのメスです。

地中、左から。ネプチューンオオカブトの産卵、幼虫、蛹、地上に現れたオス。 ヘラクレスに引けを取らない屈強者(中米)。落枝にぐいと足をかければ・・・・・

オオツノコブサイカブト(東南アジア)は空中回転!

——————————————————————————————————————————————————

kabutomusi_haisetu

カブトムシの排泄(はいせつ) (1996   幅43cm

Japanese rhinoceros beetle_ Excretion

——————————————————————————————————————————————————

kabutomusi_kontyuusakaba_1994

カブトムシ 3/3 昆虫酒場 1994  幅42cm

*****

kabutomusi_hisyou_1994カブトムシ 2/3 樹液をめざして飛ぶ 1994  幅42cm

*****

kabutomusi_tizyounideru

カブトムシ 1/3 地上に出る 1994  幅42cm

Trypoxylus dichotomus / Japanese rhinoceros beetle

——————————————————————————————————————————————————

hercules_vs_caucasus

ヘラクレス vs. コーカサスオオカブト (1990 幅60cm)

ヘラクレスオオカブト:Dynastes hercules/Hercules beetle

コーカサスオオカブト(キロンオオカブト):Chalcosoma chiron/Caucasus beetle

 1991年、「ゆめの対決・・・最強コーカサス VS.最大ヘラクレス」のキャッチフレーズで、この絵が掲載されました。

生息地を遠く異にする両雄が相まみえなば、の仮想シーンです。観音開き3ページで横長の作品です。

 コーカサスは、予算がつき、購入した標本を軟化してポーズをつけました。

ヘラクレスは、やはり以前買っていただいた展翅標本しか手元になく、標本商さんのご厚意でお借りした標本を撮影し、表情を工夫しました。

 ・・・・・・あれから16年。ペットの輸入自由化により、なんでもマネー、そこいらで安売り商品が入手できます。

あの、「ゆめの対決」は、なんなく具現・ショー化されて、ゆめは遠のいた思いです。

——————————————————————————————————————————————————

ヘラクレスオオカブト (1988)

Dynastes hercules/Hercules beetle

♂の全長  ~180mm。中南米に生息。

威勢のよさを第一義に、標本にもポーズをとってもらいました。といっても、この クラスの虫は体が厚く、標本箱内ではベチャッとひれ伏しています。

そのため、 この絵のような立ち姿勢のイメージを構築するためには、全方向からの3D的 観察が不可欠です。

カッコよさを演出するために、ツノの開き具合も誇張したと 思います。

じっさいにツノを動かして、欲しい角度の虚実ぎりぎりに描いたかと 記憶しますが、いまメモは見当たりません。

——————————————————————————————————————————————————

kabutomusi_syoumen_600px

カブトムシ 正面 1981  高さ28cm

Trypoxylus dichotomus / Japanese rhinoceros beetle

埼玉県で1年間暮らしたことがあり、自宅の畑で採集したこのカブトムシは、じつに堂々とした体格をしていました。

翌年この標本とにらめっこしながら作画に取り組みました。ふつうに背面から光をあてると、腹面は暗くなってパーツがよく見えませんね。

白い発泡スチロールに止まらせて、ポケット型の懐中電灯で照らせば細部も観察できるのですが、

こんどは背・腹の両側に照明をあてることで立体感が失われるため、かねあいが難しいところでした。

けれども、最もつらいのは眼のピント合わせ。角の先端から尻先まで合焦移動を繰り返さなければなりません。

下絵でも着彩でも(このときは11日間でした)。2014年現在、近視+老眼のこんにちでは、もうとてもです。

のちに、大手スーパー内で巨大なポスターを見かけたのですが、もらっておけばよかったなー。

kabutomusi_syoumen_t-shirts

このイラストのTシャツを着る!贈る!

——————————————————————————————————————————————————

hercules_hisyou_900px

ヘラクレスオオカブト (1981 幅50cm)

Dynastes hercules/Hercules beetle

「ヘラクレスの図解を、飛んでるポーズで。」との依頼をうけました。

なぜ日本のカブトムシでなく、いきなりヘラクレスなの?と唐突の感もありました。

ともあれ、うれしい予算がついたので、標本商さんに展翅してもらい購入しました。もう大迫力にドキドキです。

それをもとに、図解のうえで譲れないポイントをふまえたアングルと、より自然なポーズで構築してみました。

図鑑において、ヘラクレスとここまで四つに組んで相撲を取った例をほかに知らず、との自負はあります。

絵の出来栄えはともかく、○年以上を経てなお、この標本と向き合うたび、つい溜息が出てしまう逸材なのです。

hercules_hisyou_t-shirts

このイラストのTシャツを着る!贈る!