ギャラリー[他の動物]>「対決 」に、「 オオツノヒツジ vs. 石頭恐竜」を追加いたしました。

タバコをやめて二年余となる昨年末、居間の壁拭きを決行しました。

半間ばかりの予定が、がぜん張り合いが出てきて、一部屋やってしまいました (^_^)

さて、本年ここにきて一気に厳寒期に突入。

どうか皆様、よい一年になりますように。

——————————————————————————

atori_2017jan

元旦。神社の参道が長蛇の列のため、初詣を断念、界隈の寺に回る。

ロウバイの横を歩んで裏のドブ道にかかると、10数羽の小鳥が飛び立ち、

裸枝に移りました。この時やっとアトリというものに出会えました。

漢字で「花鶏」だけど、集まる鳥=“集鳥”が語源とか。

(1月1日、東京都西東京市。)

——————————————————————————

matumotoakiraten_tyou

松本章 昆虫標本デザイン展

絵本「どうしてそんな顔?」で、スゴ腕で絵を引き立たせていただいたゼフ・デザイン=松本嘉子さん。

この日はご主人のグラフィックデザイナー、松本章さんの初個展を、

日本橋のギャラリー砂翁で鑑賞させていただきました。

一般的な磔(はりつけ)標本と異なり、生態を復元しています。

matumotoakiraten_hati

こちら↑ は、オオスズメバチ。自由気ままに遊んでいます。昆虫針は見当たりません。

生時のポーズだけでなく、鱗粉転写で姿をとどめる。寄生を受けたもの、羽化不全で果てたものなど・・・・

高い製作技術に裏打ちされ、生死や喜怒哀楽に訴えてくる表現世界なのだと感じました。

独自領域の発展がたのしみですね。

*****

私は開催最終日に訪れたため、事後報告となってしまいましたが、あとはネット検索で。

(1月中旬、東京日本橋。)


ギャラリー[他の動物]>「対決 」に、「シャチ vs.ホホジロザメ」を追加。それと、[哺乳類]>「サル 」に、「チンパンジー ~道具使用~2」を追加いたしました。

10月はどうにも晴れ間が少なくて、行楽のプランも立ちませんでした。

皆様は、いかがでした?

——————————————————————————

akiakane-2016oct

1:5日ぶりの晴れ。アスファルトのわずかな水たまりに、産卵するアキアカネ

この水たまりは、午後には干上がり、完全に消失してしまいました。

(10月中旬、東京都西東京市。)

——————————————————————————

niiza_kasai

2:同日・同上地点から。

タイヤが焦げているかのような黒煙。現場が遠いのか、サイレンも聞こえません。翌朝刊に

東京 大規模停電

の見出しが躍りました。埼玉県新座市の送電線火災とのことでした。

(看板など、一部加工しています。)

(10月中旬、東京都西東京市。)

——————————————————————————

uranamisizimi_2016oct

3:おもいっきり曇りの寒い朝だったけれど、雨ではないので出かけました。

この日目撃したチョウは、このウラナミシジミ1頭のみ。

ほうけたノハラアザミに乗っていて、つまんでみると生きていました。

(10月下旬、埼玉県飯能市。)

——————————————————————————

kutinagagaganbo_2016oct

4:(つづき)毎年のように訪れている土地なのに、下山の方角を間違えてしまいました。

数年前にも、遠巻きに延々と車道を歩いて駐車場にもどった苦い経験があります。

ノハラアザミの蜜を一心に吸うクチナガガガンボたち。心細いとき目にする気がします。

今回はすぐにバス停が見つかったものの、時刻表が見当たりません。

住民たちも乗ったことがないといい、それもそのはず、始発一本のみとのこと。

「クマは出ないと思うけど、気を付けて。」と背中を押され?薄暗い山へ引き返しました。

低山とはいえ、二度登頂したのも珍しいかな?

(10月下旬、埼玉県日高市。)


ギャラリー[他の動物]>「対決 」に、「ダチョウ vs. ダチョウ恐竜」を追加いたしました。


新発売!

昨秋から手がけていた4巻本が、この9月ガンバって発売となりました。

taiketu_vol_1-4_1024px

写真メインで絵は少な目だけど、

愉快に、鋭く、詳しく、ガツン!と。

そんなのアリ?ってマサカな対決56番勝負は見逃せないぞ。

すこーし値は張りますが⇒こちら

図書館にリクエストすれば買ってくれるかも(西東京市の場合 (^_^;)

ぜひご一覧を。

——————————————————————————

じっと、カゴの鳥だったので、自宅での記録です ↓

——————————————————————————

koutisuzume_201608

1:コウチスズメ

玄関のドアに静止していました。

ドッキリというか見事な姿態ですが、前羽長が2.5cmと小型種です。

後ろ羽に紅をさし、目玉模様があります。

(8月上旬、東京都西東京市宅。以下同)

——————————————————————————

himesuzumebati_2016082:ヒメスズメバチ

階段の踊り場で、外に出たいと、ヴヴ、ヴヴはばたいていました。

ここらでは、たいがい、コガタスズメバチかオオスズメバチが普通なのに、

このハチはその中間サイズでした。

いま写真判定でヒメスズメバチらしいとして、

このハチが屋内に出入りすることには、のほほんできない危機感も?。

(8月下旬、東京都西東京市宅。)

——————————————————————————

kityou_koubi_201609

3:キチョウ

ちっちゃなハギに、今年はたくさんのキチョウが取り付き、飛び回り、黄が映えます。

きのうは1株に3ペアを確認できました。

どれも抜け殻のそばで、つながっていました。

先に羽化した♂と、遅く羽化した♀とが、あわれにも結ばれてご満足うらやむべし。

(9月末、東京都西東京市宅。)


ギャラリー[昆虫]>「甲虫–カブトムシ 」に、「カブトムシの排泄」を追加いたしました。

前回から二か月たってしまいました。お変わりないですか?

7月21日は夏休み恒例、NHKラジオ「子ども科学電話相談」の初日でした。

昆虫担当の矢島稔先生が最後の登板、の報にびっくり。外出先でもカーラジオで聴き続けました。

昨夏、出版関係者とご自宅におしかけ、親しく虫談義のひと時に浸れました。

番組初回からもう30年余りとのこと。

当初私も30歳余りであった事態を想像しようにも、頭髪的にピンと来ません。

一年前、当ブログで「上から目線でなく、しゃがんで子どもと対話できるところが好き。」とつづりましたが、

今回、先生ご自身が30年を総括して、「(3歳の)幼児に語れますか」と。

うなずく大人、励まされた子供たちが、全国に限りないことでしょう。

——————————————————————————

arakawa_201608

1:荒川

去年から仕事がずるーっとつながって、肩が重くて勤労意欲にも差しさわりが生じ、

ひさびさ近所の接骨院になだれ込みました。

が、“だるいから、ちょっと揉(も)んで、で保険は使えないんですよ”なんて言われて、今更。

******

締切迫ってるのに、やって来ました、今年初の野外~

名目は虫友の親睦、じつは重荷しょっての肩ほぐし。

ここは名所でもなんでもない、人類わしら4名以外いないと思っていたのに、

「こんちわー」とか小学生集団とまぜこぜに。

(8月上旬、埼玉県秩父市。以下同)

——————————————————————————

sika_asiato_201608

2:シカ足跡

そんな河原の傍らに、一列の足跡がくっきりと刻印。

水を飲みに降りてきたのでしょうか。

——————————————————————————

kabutomusi_saisyuu_201608

3:カブトムシ

同じ樹でコクワガタもゲット。

いくつになっても、このマグマのような激動!

(言わずもがな、画像処理してます)

——————————————————————————

wadoukaitin_201608

4:和同開珎

小学生時、わどうかいほう(または、かいちん)と教わったけど。

いまは、かいちんが主流だとか。

公表35℃から逃れ、やっと木陰の当地でお昼となり、1時間以上を過ごしました。

渓流でお札(おさつ)を洗う人もいたけど、

汗だくで、これ以上、上を目指す人なしとの総意で、

舗道を下りました。

——————————————————————————

今日、高校野球が閉会しました。

明日は三つ子の台風とともに、リオ・オリンピックも閉会します。

おやすみなさい。


ギャラリー[昆虫]>「甲虫–カブトムシ 」に、「昆虫酒場」を追加いたしました。

痛めた肩の回復を待つうちに、梅雨に入ってしまいました。

カラ梅雨で東京の水がめが心配されましたが、いまは懸命に挽回中のようです。

郷里から届いたサクランボは、つやつやに張りがあって最高の出来でした。

——————————————————————————

harabirokamakiri-huka

1:ハラビロカマキリ

玄関に産み付けられていた卵のうは、鳥の襲撃にあうこともなく冬を越しました。

しかし、春先からポツポツと爪楊枝であけたような穴が認められるようになりました。

カマキリタマゴカツオブシムシなどの寄生を受けてしまったかと、ややあきらめムードでいたのです。

この朝、ようやく一つまみながら、孵化が見られました。

卵からかえった前幼虫とぬけがらから成る吹き流しは、風にもまれてじっとしていません。

前幼虫から脱皮中の1齢幼虫もいれば、下草にとまって活動を始めたものもいました。

(6月初旬、東京都西東京市宅)

——————————————————————————

syakutori_yuri_gitai2:しゃくとりむしの一種

前日、この幼虫はユリ(アビアン)のおしべになりきっていました。ただし水平位であったため私に見つかってしまいました。

今日は葯(やく)を落としたおしべに正立しているので、よい出来です。ただ、1本余分のような・・・・

翌日は花弁の裏側に倒立していました。

さらに翌々日はというと、花の表に水平にしがみついていたものの、午後花弁の半数は落下し、幼虫も失せていました。

(6月下旬、同)

——————————————————————————

ookamakiri_2jakurei

3:オオカマキリ

どうにもはびこり過ぎたジャスミンの茂みで、3cmほどの幼虫が小虫を食べていました。

餌の正体を見極めたいのですが、それを大事に抱えたままカメラから遠ざかろうとします。

あっ、いつのまにか左方に一回り大きい幼虫が、狙いをつけて寄ってきています。

早めにシャッターを切ったら、ファインダーの中でちょうど襲いかかる姿がダブりました。

小さいほうは逃げおおせ、葉の上には餌が残されていました。

(6月下旬、同)


ギャラリー[昆虫]>「甲虫–カブトムシ 」に、「地上に出る」と「樹液をめざして飛ぶ」の2点を追加いたしました。

tyoukaisan_2016

1:また帰省しました。

鳥海山(ちょうかいさん)。シャッターを切ってから気づいたけど、

最上川の川面に映る、逆さ“出羽富士”も狙えたらよかったなー。

手前の側流?がもう少し穏やかで、鏡になってくれたらと。

(4月中旬、山形県酒田市)

——————————————————————————

ooruri_2016

2:オオルリ

墓そうじ具一式をたずさえ菩提寺を訪ねると、

デカいカワセミ?が境内の疎林を横切りました。

あっと!まさかのオオルリ!で、夏鳥のはずが、この平地に今、なんでって。

図鑑には「渓流や湿地の近く」とあります。同寺はたしかに川端にあります。

曇り空で写真はみな手ブレになっていました。

しろうとの悲しさというか、気楽さ。

(山形県鶴岡市 以下同)

——————————————————————————

gassan_2016

3:月山

日本海を背に立てば、左にあの鳥海山(ちょうかいさん)、右にこの月山(がっさん)。

帰路は雲と霧のなかをかいくぐって来ました。

——————————————————————————

simahanaabu_2016

4:シマハナアブ

上と同地点で、月山をバックに写し込みたかったけど、ムリでした。

上の写真といっしょなら、いい雰囲気。

車道沿いのナノハナに、たくさん訪れていました。

——————————————————————————

さてさて一年で最も楽しみな5月の連休!

・・・・のはずが、4月末に自転車でコケて肩を打撲、

5月まるまる地元で蛹(さなぎ)状態。気をつけよっと。


ギャラリー[哺乳類]>「サル」に、「チンパンジー ~コミュニケーション~」を追加いたしました。

前回は、文字変換の不具合から、はんぱに終わってしまいました。

(ゴールデンウィークに追い越されないうちに)報告を続けます。

(3月下旬、狭山湖=埼玉県。多摩湖=東京都。以下同)

——————————————————————————

meziro2_asebi_201603メジロ

数羽の群れが、アセビの花でにぎわっていました。

食材が花蜜か虫か、その場ではわかりませんでした。

この写真では、2羽が小さな釣鐘(つりがね)に舌を差し込んで蜜を吸っているようです。

アセビ(馬酔木)は毒が強く殺虫剤にもなるというけど、ハチやチョウも来てるから蜜は甘いんですね、たぶん。

——————————————————————————

hazirokaituburi_201603

初めて見るような、白黒の二羽で、ひんぱんに潜っていました。

双眼鏡がなくて、とても種類まではわかりません。

(車に置き忘れたというより、ナントカなんべ、みたいな?)

写真を拡大トリミングしました。ハジロカイツブリ

——————————————————————————

kanmurikaituburi_201603

今日のお目当ての水鳥、見当たらず。

昼食後、失意のうちに堤をUターンしつつも、未練がましく湖面を、目を皿にして・・・・

と、マガモ集団のはずれに、やっとカンムリカイツブリが見えてきました。

私が去年よりひと月遅れでやって来たのは、北国に帰る直前の夏羽を見てみたかったから。

ただし、あまりに遠すぎる3羽、ピント合わせでヘトヘトで、羽色の様子なんて、もっぱら帰宅後の分析になります。

写真は限界まで拡大トリミングしました。

——————————————————————————

kawaaisa_201603

ところで、朝からマガモ群に1羽だけ、背に顔をうずめっぱなしでプカプカ浮いてる、

死んで流されてるのか、正体不明の水鳥が、気にかかってしかたありませんでした。

そこへ自転車の外人 “カワアイサ。彼女、顔あげてくれない。今朝ボスいたヨ”

と、月光仮面のように走り去っていった。グリーンの♂もぜひ見てみたいものです。


ギャラリー[哺乳類]>「サル」に、「チンパンジー ~道具使用~1」を追加いたしました。

*今回は上から下へとご覧くださいませ。

スタイルをいまだに統一できず、お恥ずかしいです。

——————————————————————————

kontyuunotaijuu昆虫画家・研究家の吉谷昭憲さんが、自著の絵本をお贈りくださいました。

ご本人がかつて在籍の化学会社で使用されていた「電子天秤(びん)」。

この秘密兵器で、かたっぱしから昆虫の体重を(たぶん、とりつかれたように)量りまくったらしい。

テントウムシと1円玉、どっちが重いの?

意外な結果に、もう、やみくもにエスカレートして

検体、1200種、3700体!

(↑ ひかえめな数値と思いますが。)

おびただしいデータの集積から、

吉谷さんは、たくさんの驚きの結果を引き出しました。

無視できないこの1点、

月刊「たくさんのふしぎ 昆虫の体重測定」2016年4月号 福音館書店(本体 667円+税)です。

——————————————————————————

seibudomeP

11ヶ月ぶりにやって来ました。西武ドーム(球場)。

前回なにゆえ、回りくどく電車で来たのか、「?」マークだったのですが、

パーキングに入って超絶ナットク、¥1200/日!

試合もないらしくガラガラなのにです。

ちなみに、夕方の退出時に気づいた、向かいのパーキングだと「平日¥600」。

ただし、この日「満車」の表示。スカスカにしか見えないんだけどなー。

(3月下旬、狭山湖=埼玉県。多摩湖=東京都。以下同)

——————————————————————————

tengutyou_201603

厳冬をくぐり抜けて日光浴のテングチョウ

羽がひどくボロボロのもいて、それなりの迫力なのですが、

このチョウを見たことのない人にはわかりづらいので、この1コマに。

顔が天狗のようで、去年から西東京市内(自宅ほか)でも目撃できるようになって

驚いています・・・・うれしいです。

この幼虫はエノキの葉に付きますが、「ゴマダラチョウ、アカボシゴマダラのみならず、

ヒオドシチョウまでが庭のエノキに来てる」と市内の虫仲間。ぜひ見てみたいものです。

——————————————————————————

*このところ、文字変換の機能に変調をきたしていて、弱っています。

日常業務では異状ないのですが、ホムペ作成時に変換が不忠。IEが原因かも。

今回ここで締め、次回もチンパンジーの絵になりそうです。


ギャラリー[哺乳類]>「サル」に、「ニホンザル 群れ」と「ニホンザル 母子swing boat」を追加いたしました。

絵は古くてしょぼいのを、アップしました。

関東地方で春一番が報じられましたけど、日ごとの落差がずいぶんです。

インフルフルエンザの罹患者も身近にいて、うつさない、もらわないで、本気で防衛しないと。

みなさま、うがい、手洗い励行しましょうねっ!

——————————————————————————

meziro_yasai_201602二羽のメジロが、畑の野菜のしげみに潜って、エサさがし。

メジロといえば、ツバキやサザンカの蜜吸いとかが定番と思いこんでいました。

この画像では、不鮮明ながら、イモムシをくわえているように見えます。

(2月上旬、東京都西東京市宅)

——————————————————————————

kuruma_simo_201601

東京は毎冬、雪少なく凍てつきます。

駐車場の車のフロントガラスに、珍しく霜の結晶がつきました。

ワイパーも上滑りして利かず、車での出動は見合わせとなりました。

(1月下旬、東京都西東京市)

——————————————————————————tyabanefuyuedasyaku_mesu_201601

寒中、何かいないものかと塀に目を凝らすことしばし・・・・

いた!まさかの生き物。(携帯で撮影)

冬に羽化し活動する、シャクトリムシのガで、その名もフユシャク。

メスには羽がなく、特異な容貌ながら、これまで探してみたこともないし、

出会いはないままかも、くらいの感じでした。

白黒の特徴的な斑紋から、チャバネフユエダシャクのメスと思われます。

よんどころない事情があって、塀でオスを待つハメになったのでしょうか。

首尾よくハンサムなカレシと結ばれたとして、

食樹に産卵するために、いったいどれくらい歩き移動するのだろうかと。

心配まではしませんけど。

(1月下旬、東京都東久留米市)

——————————————————————————

 amimekusakagerou_201601

アミメクサカゲロウ

レースのような羽を持つクサカゲロウのなかま。

その羽は、背中に屋根のように収めているのが通常、というのが私の常識でした。

ところが昨秋、我が家の階段を歩き回っていたカゲロウは

ナリもデカく、両羽を壁面にベタッと平伏させた止まり方が異質でした。

新年の、この写真の個体では、さらに一回りサイズ大きめ(前羽長=22mm)なので、♀かなと。

(1月初旬、東京都西東京市宅)


ギャラリー[哺乳類]>「サル」に、「ニホンザル ~母子授乳~」と「サルの背比べ」を追加いたしました。

新年はいいもの。喪中でも、あらたまります。

旧年中は、たくさんのお誘いをいただき、ありがとうございました。

当サイトの更新目標「月イチ」も、できたり、できなかったりで恥ずかしいです。

本年もどうぞ よろしくお願い申し上げます。

——————————————————————————

201512_metasekoia

灰色の雲に朝陽をうけた冬木が映えます。

中央奥は紅葉のメタセコイア。

(12月中旬、東京都西東京市)

——————————————————————————

201512_hinode

夜明けが遅いため、散歩と日の出が重なるようになりました。

(12月中旬、東京都西東京市)

——————————————————————————

hasibutogarasu_201512

色づいた枝で、白黒の実をついばむハシブトガラス

ナンキンハゼにキジバトやシジュウカラなどが大勢集まってきます。

(12月初旬、東京都西東京市)

——————————————————————————

201511_urokogumo

どんどん日が短くなり、うろこ・さば・ひつじ雲の出現が増えた気がします。

15:50で、もう日の入り気分です!

(11月下旬、東京都西東京市)

——————————————————————————

kurokonomatyou_201511

アシの葉うらに、初めて見る垂蛹(すいよう)。

図鑑で調べると、クロコノマチョウに似ています。

南方のチョウながら、関東での目撃・採集もそれほど珍しくなくなっています。

いま、室内の片隅に吊るしてありますが、生死不詳のまま年を越しそうです。

(11月上旬、埼玉県飯能市)

——————————————————————————

harabirokamakiri_201511

朝、玄関のインターホンの上方で、寒そうに顔をうずめていたハラビロカマキリ

夕暮れ、産卵も終盤で、門灯をつけても動揺せず続行していました。

(11月上旬、東京都西東京市)