00s  アメリカアリゲーター

american-alligator

アメリカアリゲーター  (2005)

Alligator mississippiensis / American Alligator

 別名、ミシシッピワニ。全長最大6m(メスで3m)。

アメリカ合衆国南東部の淡水域に生息。昆虫や甲殻類、魚、水鳥、小獣を捕食(ときに家畜や人をも襲う)。

交尾後のメスは夏、岸辺に草・枝・土・などを集め、直径2m、高さ90cmほどの塚状の巣をこしらえます。

白色の40-45卵余りを産むと、そのまま近くにとどまり巣を護ります 。アライグマや、スカンク、オポッサムなどの卵泥棒がスキをうかがっているからです。卵は、巣温が34℃以上でオス、30℃以下でメスになるといいます。

産声を聴くと、母親は孵化をたすけ、幼子たちを慎重に口にくわえ、水辺に運んで放ちま す。大形の魚や鳥獣、ほかのワニなどからガードし、翌春ごろまで一緒に暮らします。

水草を渡り歩くのはアメリカムラサキバン。 奥で採餌しているのはベニヘラサギの群れです。

american-alligator_ko

すこしだけ接近してみましょう・・・・

生まれたての赤ちゃんは全長22cm。

黒地に鮮やかな黄斑を装っています。