ヒトスジシマカ

 

ヒトスジシマカ 吸血  (2003)

郷里で蚊といえば薄茶色のアカイエカでした。ここ東京郊外では、このヤブカの代表 選手、ヒトスジシマカがふつうです。白黒の斑点が肌に止まれば、もうかゆい →か ゆいと見たら吸っている →見ればなおさらかゆくなる。墓地の花立てやタケの切り 株、ちょっとした水たまりにも発生します。我が家では、ボウフラまでは見てみぬふり 。オニボウフラ(蛹)になった時点で水を替えますが、このタイミングを逃してしまうこと も、ままあります。乾燥標本では複眼がひしゃげてしまうため、たくさん採集して描き ました。

上の図は、口を皮膚に突き立て細い口針で吸血し、卵巣が成熟する過程を示し ています。吸血時に、凝固を防ぎ麻酔をかねた唾液を出します。この成分がかゆみ を引き起こします。しかしながら、それのどこが“麻酔”と呼べるのでしょうか?かゆみ ゆえにこそバレてピシャリ!  「・・・鳴かずば雉(きじ)も 射られざらまし」とか。

ヒトスジシマカ ♀

 

小生を吸血中のヒトスジシマカ 。

首に縄つけてペットにできまし ょうや?(撮影;’06/7月 )

ヒトスジシマカ ♂

 

         オスは触角が羽毛状。

花の蜜 などを吸い、吸血はしません。 右はパンを食事中。(撮影;’04 /7月)