——————————————————————————————————————–

ミノムシ

oominoga_a_usume

 オオミノガ 2体  (2003 幅28cm)

オオミノガ Eumeta japonica / Giant Bugworm

原画に、PCで空のバックを敷いてみました。

バックの色合いひとつで、暖かくも寒くもなります。

左側はみのの断面で、メスの終齢幼虫の様子を示しています。

右側はオスのミノで、小ぶりです。

oominoga_asahisinbun

古くから国民的に親しまれる、ちっぽけなミノムシ。

北風に断固立ち向かう厳しさと、ハンモックをしょって歩き回る姿は、いとしいものですね。

ミノムシの最大種オオミノガが、現状危うしと知ったのは1本の新聞記事によってでした(1999.1.19 朝日夕刊)。

「こはいかに!」(←“怖い蟹”ではない)と、

さっそく前年に大発生していた近所のカナメモチの垣根をチェック。

すると、見事にかき消えていて、以後はまるでもう稀有な存在となってしまいました。

絵を描くにあたり、ミノムシを研究しておられた院生のNさんに、

ミノを切り開いた貴重な実物を撮影させていただきました。

——————————————————————————————————————–

  オオミノガのオスとメス  (2003 CG+水彩)

oominoga_b_moji_mini

オス・・・・(1)巣内の蛹の様子。逆さです。(2)羽化。

———————————————————————-

oominoga_c_moji

メス・・・・(1)巣内の蛹の様子。逆さです。

(2)羽化。羽・脚・目・口もなく、巣内にとどまり、フェロモンを発してオスを誘います。

(3)飛来したオスが腹を伸ばし(しましま部分)、交尾。

(4)産卵。おしりの毛の栓(オレンジ色の横帯部分)で卵塊をまもり、

自らはしなびて落下し、生涯を終えます。

——————————————————————————————————————–

suzumega_4sp

 スズメガ 4種(1986 幅18cm)

街頭に集まるスズメガたち。

(左上から右下へ) セスジスズメエビガラスズメシモフリスズメキイロスズメ